盆も過ぎれば、いよいよ波止タチウオシーズンがスタートですね
ここで私のメイン仕掛けについて説明したいと思います

タチウオ浮き釣り仕掛け
img20170716_002_20170730170246247.jpg

①ロッド・・・基本的にロッドは何でもOK
※波止なら2.5~3号磯竿4.5m遠投用
テトラ帯なら3号磯竿5m~5.3m遠投用
上記が扱いやすい

②ケミホタル・・・50mm又は75mm
※100mmもあるが、私の経験上100mmは明るすぎて逆に喰いが落ちます。
ピカピカドンドンとか2色発光とかありますが、逆に警戒心を与えるのでダメ
ケミホタルの目立ち過ぎは逆効果

③リール・・・2500~3000番台
(ナイロンライン3号が150m巻ける物)

④電気棒ウキ・・・浮力2~3号
※海が穏やかな時・・・2号普通ウキ
風が強く荒れ模様時・・・2号自立ウキ
上記が扱いやすい

⑤オモリ・・・中通しオモリ又はタルオモリ
  1.5号(ウキ浮力2号-0.5=1.5)
  2.5号(ウキ浮力3号-0.5=2.5)
キビナゴ又はサンマの切り身は0.5号で勘定
さらにガン玉でウキの浮力がシブシブになるように微調整

⑥ハリス・・・ワイヤーハリス又はフロロカーボン
※喰いが悪い時はフロロカーボンの5号が良い

タチウオ用の仕掛けは各メーカーから多種多様が発売されてますが、自作の1本針が安くていちばん釣れます


先週の17日に天気も良かったので和歌山へ
早いと思いつつも、数は少ないが一応タチウオが釣れてるとの情報を信じての釣行

P7170043-1_201707221633432e8.jpg

やっぱり和歌山はいいな
いつもの場所から黒潮市場を眺める

P7170045-1_20170722163344509.jpg
今回は海も穏やかだったので、沖向きに竿を出した

P7170049-1_201707221633463b2.jpg


三連休の最終日なのに釣り人はほとんどいなかった
やはり釣れてないのだろうと動揺する自分

19時釣行開始
シーズンなら日没からあるタチウオのアタリも全くない
時間だけが過ぎていく
20時過ぎにやっとエサが少し囓られた
これからか・・・
20時40分に待望のヒット
P7170051-1_201707221633489a3.jpg

指3本半のまずまずのサイズ
これから続くのかと期待をしたが、その後もほとんどアタリは無し

早めの仮眠をとって、深夜0時半に再開
2時~3時にかけてプチ時合いがあって、3匹追加することができた
ウキの変化やエサを囓られた回数は、たったの9回という厳しい状況

しかし、釣れても1匹くらいと覚悟していたのに4匹も釣れた事は嬉しい誤算だった

今回の釣りデータ
場所・・・和歌山マリーナシティ
潮・・・小潮
天気・・・晴れ
実釣時間・・・19時半~4時

釣果
タチウオ75cm~80cm(指3本~3.5本)・・・4匹


以前から欲しかったフィッシング用腕時計

自分は夜釣りがメインなんですが、いつも時間を確認する時はボタンを押してライトを点灯させて確認していた
釣れた時の時間であったり、潮位を把握するのに時間は大切
視認性のいい腕時計がずっと欲しかった
ちなみに今使用しているのはカシオのプロトレック3064JA
51L82WDF4AL__SY300_QL70_.jpg
タイドグラフ表示・気温表示もあって、これはこれでいい腕時計だと思ってますよ

しかし夜はやっぱり視認性が重要
奮発して買ってしまった
P7010038-1.jpg

ルミノックス
SPEC OPS CHALLENGE (S.O.C.)
3050 SERIES Ref.3053.SOC.SET 

スペシャルBOXで、NATOストラップ・バネ棒外し・ワッペンがSET

P7010041-1.jpg

正直腕時計としての精度とかは、これより低価格の国産ブランド物が上だと思います
しかし、そんなことは関係なしです
これはフィッシング用腕時計
夜の視認性を重視し、カッコよく決めて趣味は楽しみたいもの
c.jpg

a.jpg
カッコイイですよ、この腕時計
このビジュアル、惚れ惚れしますね~
これで夜釣りがもっと楽しくなること間違いないです

b.jpg


梅雨だというのに雨も降らない
雨が降らないうちに釣りに行こうと決断

今回も遠くまで行ってきた
目的は朝まずめの青物狙いだが、せっかく遠くまで行くなら少しだけ夜釣りもしたい
日高港に23時到着
まさかの爆風
海は荒れていて、釣り人もいない。。。
諦めモードで仕方なくズボ釣り開始
風でゴミや砂埃が舞う中、3号の中錘仕掛けにエサは余ってたオキアミを付けて底まで垂らす
風で安定しない、さっさと切り上げて早めに車中泊でもしようと思ったら、
竿先にアタリが出た
フグ?それともガシラ?
かすかな期待を込めて、再度仕掛けを投入
釣れたのは・・・
P6110004.jpg
中紀の外道の王様のネンブツダイ
こんな荒れた海だし釣れるだけまし
その後もネンブツダイが釣れ続けたが、強風に嫌気がさして撤退
煙樹ヶ浜まで移動し、明日に備えて車中泊

3時起床
寒い、この時期になんでこんなに寒いのか不思議だ
冬用のジャンバーを持参してきて良かった
4時ライトショアジギング開始
昨夜の強風が嘘みたいに海は穏やかになった
P6120013.jpg
赤く染まった雲が妙にきれいだった

P6120014.jpg

何度か水面にナブラではなく小魚の波紋が発生したのは確認
しかし、ナブラは無し
ルアーマンも他に数名という淋しい状況、ここのところの釣果もあまり良くないのだろう
まともノーバイト
そういう釣りだからこれも仕方がない

P6120018.jpg
P6120019.jpg

タコ狙いの地元のおっちゃんが多かった
ここはタコ釣りも有名なポイントみたい


今回の釣りデータ
場所・・・日高港&煙樹ヶ浜
潮・・・大潮⇒中潮
天気・・・晴
実釣時間・・・23時~24時、4時~6時

釣果
無し


月曜日の仕事を終えて、帰宅後に準備
綺麗な海で釣りがしたい
迷わず淡路島に行くことにした

現地到着は深夜0時過ぎ
小腹が空いたのでコンビニで夜食を食べる
久しぶりに車中泊

3時半起床
もうすでにルアーマンが何組かきて待機中
私も自分の場所を確保

まずは朝まずめの青物狙いのライトショアジギング
今回のポイントは淡路島の大和島
P6060005-1.jpg
遠くに見える明石大橋と明石海峡のコントラスト
なんて素晴らしい景色なんだろう

さすがは明石海峡
潮が早い
30gのメタルジグが簡単に流される
シモリも点々とあるのか、底付近を探ると引っかかる
周りでサヨリが1匹だけ釣れた?くらい
ボイルも全く発生せずに朝まずめが終了
8時でライトショアジギングは終了としました
結局誰も青物は釣れなかったみたいでした

大和島から淡路サービスエリアを眺める
P6060009-1.jpg

駐車場もトイレもある好釣り場
P6060008-1.jpg

この後、数年ぶりにキスの引き釣りを実行
引き釣りの結果はまた次回に書きますね