実は私は徳島の出身なんです
阿波おどりを観たことがなかったのですが、動画を見てから急に観たくなってしまって。。
家族の理解のもと、たったひとりで観覧に行くことを決心して8月12日~14日まで楽しんできました。

事前にプランは考えてましたが、まずは夕方まで雰囲気を味わいました。
駐車場は非常に込むので、少し離れた臨時駐車場に車を駐車
夕方から始まる阿波おどりで、街はとても活気がありました。
いつもはのんびりとした町なんですけどね。
P8120006.jpg

着いたのは14時前
アミコビルで「アミコデッキ阿波おどりフェスタ」が14時からちょうどスタートしたところで、さっそく阿波おどりを観ることができました。遠方からのゲストの仙台すずめ踊りは華やかで元気な踊りでなかなか良かった。

16時をまわると、どんどん人が多くなってきて賑やかになってきました。
P8120009.jpg

12日は有料桟敷の南内町演舞場1部(18時開始)のチケットを購入してたんで、少し早めに向かいました。
凄い人でなかなか歩けない、50分前に着いたら入場は20分前からしか入れないと。
あとで知ったのですが、この南内町演舞場は映画「眉山」のロケが行われたところみたいです。
出口に向かって緩やかなカーブになっていて、座席によっては見えにくい演舞場ですが人気なのは納得です。

初日ということもあり、興奮気味で写真をほとんど撮らずに観覧しました。
藝茶楽(げじゃらく)の連から開演
P8120015.jpg

藝茶楽は、昭和50年(1975)創立、徳島県阿波踊り協会所属
連名の由来・・・徳島の方言に「ゲジャラク」という言葉があります。お調子者、お気楽者という意味です。
男踊り・・・個人個人の体形や踊りに対する考え方はそれぞれ違い、一人ひとり踊り方は違う。
女踊り・・・基本に忠実に、足並みをそろえた踊りを心がけている。
スポンサーサイト
Secret