盆も過ぎれば、いよいよ波止タチウオシーズンがスタートですね
ここで私のメイン仕掛けについて説明したいと思います

タチウオ浮き釣り仕掛け
img20170716_002_20170730170246247.jpg

①ロッド・・・基本的にロッドは何でもOK
※波止なら2.5~3号磯竿4.5m遠投用
テトラ帯なら3号磯竿5m~5.3m遠投用
上記が扱いやすい

②ケミホタル・・・50mm又は75mm
※100mmもあるが、私の経験上100mmは明るすぎて逆に喰いが落ちます。
ピカピカドンドンとか2色発光とかありますが、逆に警戒心を与えるのでダメ
ケミホタルの目立ち過ぎは逆効果

③リール・・・2500~3000番台
(ナイロンライン3号が150m巻ける物)

④電気棒ウキ・・・浮力2~3号
※海が穏やかな時・・・2号普通ウキ
風が強く荒れ模様時・・・2号自立ウキ
上記が扱いやすい

⑤オモリ・・・中通しオモリ又はタルオモリ
  1.5号(ウキ浮力2号-0.5=1.5)
  2.5号(ウキ浮力3号-0.5=2.5)
キビナゴ又はサンマの切り身は0.5号で勘定
さらにガン玉でウキの浮力がシブシブになるように微調整

⑥ハリス・・・ワイヤーハリス又はフロロカーボン
※喰いが悪い時はフロロカーボンの5号が良い

タチウオ用の仕掛けは各メーカーから多種多様が発売されてますが、自作の1本針が安くていちばん釣れます


スポンサーサイト
Secret