タチウオシーズンも終盤かな?と思うくらいに良い釣果も聞かないこの頃
例年なら12月末までは楽しめるので、まだ諦めてません
今は辛抱するのみですね

話変わって、最近ハマったドラマの紹介の続編
今更って思われるかもしれませんが、そのドラマとは・・・・
釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助
金曜日夜8時放送
釣りをするようになって10年近くなりますが、これまで釣りバカ日誌を一度も観たことなし
もともと邦画を観ないのも理由ですが、あまり興味がなかった

先日、何気なく観てみると、これがまた面白い
ハマちゃん役だった西田敏行が、今回はスーさん役
今回新たにハマちゃん役を濱田岳が演じてます

釣りの師匠が自社の新入社員のハマちゃんで、なんと弟子のスーさんが社長というありえない設定
これが意外性もあってコミカルで笑えます
1話完結って感じでずっと見ていなくても楽しめるドラマ
自分はハマちゃんやスーさんが釣りする時の釣具やウェアも注目してます
ハマちゃんが釣行時に背負ってるダカインのリュックはオシャレですね

釣りバカと言われても不思議と腹も立たない
釣りバカアキラ 
 ななんだと~褒めちゃってる?
釣りキチアキラ
 キチ?問題発言じゃないのか・・・しかし最高の褒め言葉だ

ますます釣りバカ、釣りキチになるように日々精進します
皆さん宜しくです
スポンサーサイト
普段あまりドラマは見ない私
仕事が不規則で夜勤もあるので、連続ドラマもリアルタイムでは難しい
それに似たようなドラマばかりなのも、あまり見ない理由ですね

しかし、ここ最近ハマったドラマが二つ
ひとつは「下町ロケット」
TBSにて日曜夜9時放送
説明するまではありませんが、池井戸潤の執筆で第145回直木賞受賞作

研究者の道をあきらめ、家業の佃製作所を継いだ佃航平がロケット開発に重要なバルブシステムで巨大企業と対決する
そんな内容の話です。
初回から観てますが、なんたってキャストの顔ぶれが凄い
主人公 佃航平・・・阿部寛
帝国重工社長 藤間秀樹・・・杉良太郎
帝国重工宇宙航空部部長 財前道生・・・吉川晃司
その他役者も実力派ですが、阿部寛は私の好きな役者で人間味溢れる演技が得意
今回もドラマの中で熱い言葉を語るシーンが幾度とあるのですが、男として胸がジーンと熱くなります

あと見逃せないのが、TBSドラマ初出演の吉川晃司の演技ですね
男が惚れる大人の男、ほんと渋いですしカッコいい
演技もあまり期待してなかったのですが、これが期待を裏切る演技力の高さと迫力

いつも日曜の夜9時が待ち遠しい
ストーリーもわかりやすくて、勇気を貰える感動ドラマです
是非皆さんにも観てほしいなと思ってます

ハマったドラマふたつ目はまた後日アップします
2015.11.04 撃沈釣行
11月3日(祝)文化の日
釣り文化を教えるため、長男を誘って泉南方面へ出発

今回は以前に偵察していた初ポイントで釣りすることにした
そのポイントとは
泉佐野・前島(旧フェリー乗り場)PB030032-1.jpg
岸壁へ車の横付けも不可で、近くには人気ポイントの泉佐野食品コンビナートがあるからか比較的空いてます
魚があまり釣れてないのも原因かもしれませんけどね

防波堤は広大
キャリーが無いとちょっとしんどいかな
PB030033-1.jpg
外向きも釣り可能だが、柵はあるがスリットの蓋が無いところもあるので注意が必要
足元には大型のチヌがたくさん泳いでるのを確認
チヌの落とし込みをやってるかたが多かったです
チヌ釣り師には魅力的なポイントに間違いないでしょう

泉佐野コンビナート方面
PB030034-1.jpg

着いたのは13時
夕方までは時間あるので、今回はカワハギを狙ってみた
餌は石ゴカイの胴付仕掛け
日中からなのか何故かアタリが少ない
ハオコゼに邪魔されながら、やっとまともな魚が釣れた
PB030035-1.jpg
20cmくらいのキュウセン

その後釣れるのはキュウセンばっかり
カワハギはいないのか
常連さんに聞くと、今年はカワハギはさっぱり釣れないらしい

その後釣れたのは餌取りの王様フグ
PB030036-1.jpg
突っついたりして怒らせて遊ぶ40代親父
こんな些細なことで楽しむのも趣味を楽しむには必要?
フグは嫌いではありません、愛嬌もあって可愛い魚
その後カワハギは1匹も釣れずでした

さて本命のタチウオ釣りですが
16時を過ぎた頃から、急に強風が吹いてきた
まさか今日も強風の中での釣行になるのか?
予想は的中
ますます風はきつくなってきて、とても浮き釣りができるレベルでなくなる
それでも19時前まで頑張ってみたが、集中力も切れて釣りを断念
癒されない釣行となったが、息子と釣りに行けたことは良かったかな