あまり良い釣果を聞かないこの時期
ダメ元で淡路島に遠征してきました

綺麗な海を眺めて釣りが出来るなら
あまり釣れなくてもいいかと
現地に着いて海を見て幻滅
あたり一面赤潮、海も当然濁った状態
帰るわけにはいかず覚悟を決める

ポイントは以前にメバリングで来た古茂江埋立地
P5280018.jpg
ここは空いてるのでのんびり釣りができます
P5280019.jpg


夜は浮き釣りでメバル狙い
朝はフカセ釣りでグレ狙い
どちらかで魚はなんとか釣れるはず

メバルの餌は今回は青イソメではなく石ゴカイにしました
普通は青イソメが定番ですが、朝のグレ狙いの餌も兼用のため

18時半から釣りスタート
予想通り、全くアタリも無し
陽が落ちても変化なし
海面は夜光虫で青く光って、きれいだけどこの状態じゃ仕方なし

20時40分にやっと釣れた赤メバル
P5280020.jpg
サイズは15cmくらい
結局22時までやって釣れたのはこの1匹のみ
諦めて早めに車中泊

気分一新
早朝4時起床
風が出て海も少し波立った状態

バッカンにグレ用集魚剤1袋、オキアミ3kgでコマセを作る
5時釣り開始
コマセを撒く
なんだこの凄いエサ取りの数は
コマセが狙いの棚に届かない
2投目で釣れたのがこの魚
P5290021.jpg
磯ベラ

微妙なアタリはあるもエサは取られ放題
やっと釣れたグレ
P5290022.jpg
木っ端グレの手前
ミニ木っ端グレと言うのが正しいかも
15cm

その後はエサ取りの猛攻に合う
P5290023.jpg
たまに釣れるキュウセン

エサ取り王者オセンも釣れました
サイズも小さく全てリリース

コマセ残り半分で嫌気がさして釣りストップ
いや~参りました
はるばる遠征してこの釣果とは
綺麗な海も見れずに不満が残る釣行でした

最近全く良い釣果に恵まれてない
今度はスルメイカでも釣りに行こうかな

今回の釣りデータ
場所・・・古茂江埋立地
潮・・・若潮~中潮
天気・・・晴れ、ほぼ無風~曇り、弱風
実釣時間・・・18時半~22時、5時~9時

釣果
メバル15cm・・・1匹
エサ取り・・・8匹
スポンサーサイト
夕食後に波と風も弱くなる
嫌がる長男を釣れてほんの少しだけメバリングをしました

昼間下見をしていたので、素早く準備してすぐ近くのポイントへ
時間は夜9時過ぎ
しかし先行者がいる
軽く挨拶をして、釣果を見せて頂く
チヌ?ですかと聞いてみる
大きさは40センチを軽く超える魚体
メジナですよの返答に驚愕する私
どこで釣れたのですか?とさらに聞いてみる
目の前のゴロタ場とのこと

グループ3人で東京から月に1度くらいここに釣りに来るらしい
確認できただけでメジナ(グレ)の40センチアップが2匹
30センチクラスが8匹くらい
ガシラの25センチが1匹
メバルの20センチが2匹

そのポイントがここ(写真は昼間撮影)
DSC00292-1.jpg
満潮時の水深でも2mあるかないか
こんな浅いところで釣れることに驚きを隠せない
DSC00293-1.jpg
後で調べてみると、伊豆のゴロタ場では潮と時間さえ良ければ40センチアップも珍しくはないとか
魚影の濃さと伊豆のポテンシャルに驚きます

ちなみにメバリングはノーバイトでした
たった1時間でしたけどね
30センチの尺メバルも釣れるここは釣り師のパラダイス
ここにいつか移住したいと本気で思ってしまいました

帰りは浄蓮の滝を見に行ってきました
DSC00299-1.jpg
荘厳な滝でした
滝壺は15mもあるそう

片道500キロをマイカー運転はかなり疲れました
しかし泊まった旅館の細やかな「おもてなし」に感銘
その1・・・チェックイン後に客室で抹茶のサービス
その2・・・靴下の洗濯(今回は申し込まず)
その3・・・布団を敷く前と片付けた後にコロコロで部屋をさりげなく掃除
これは掃除が行き届いてないからではなく、清潔な部屋でくつろいで頂きたいというおもてなしですね
その4・・・お身送りとお守り
車は玄関前に1台ずつ従業員が運転して移動、そして従業員全員で手を振り車が見えなくなるまでずっとお辞儀
さらに車の助手席にはこんな物まで
DSC00302-1.jpg
「旅はのんびり湯ったりと東も西も銀水荘」と書かれてます

これまでいろんなホテルや旅館に泊まりましたが、これほど感動したおもてなしを受けたことはありません
稲取銀水荘
伊豆への旅行は是非とも利用されることをお勧めします
ゴールデンウィークに家族旅行で伊豆へ
自宅を早朝5時半出発
移動手段はマイカーでした

片道約500キロを休憩を挟みながら8時間で到着
伊豆の稲取に着いたのは午後2時
やはり海が見えるとつい釣り場を散策したくなるのが釣り師たるもの

東伊豆で最大規模の稲取港
その中の新堤
DSC00273-1.jpg
テトラからのフカセやカゴ釣りでグレ、回遊シーズンなら ソーダガツオやイナダも釣れるらしい
足元の水深6m

新堤近くのゴロタ場
DSC00275-1.jpg
この日は波も高かった
深さはそこそこあるので渚釣りが最適

宿泊地の稲取銀水荘
DSC00297-1.jpg

すぐ前には海
DSC00289-1.jpg

徒歩1分で小規模堤防もあり
DSC00276-1.jpg

藤山(とうさん)堤防
静かなゴロタ海岸に延びる超穴場的ポイントで、先端に入れるのは2人が限界でしょう
水深は満潮時で3m程
DSC00290-1.jpg
先端前面から見え隠れする沈み根やストラクチャ―がポイント
釣れる魚はグレやアオリイカ
投げ釣りでイシダイやイシガキダイも釣れるらしい

伊豆のゴロタ場では日中も岩と岩の隙間にワームや餌を落とすと型のいいムラソイが釣れます
以前ザ・フィッシングでこんな簡単にロックフィッシュが釣れるのかとビックリしました
水中映像で見るゴロタ場フィッシングの動画