上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の釣行から1週間も経ってないが
長男が春休みで暇人なんで一緒に行ってきました

天気は雨模様、しかし夕方から回復して晴れの予報
急いで準備を済ませて、昼過ぎ出発
明石海峡大橋を渡り、いざ淡路島へ
P3290020-1.jpg

渋滞もなく2時間ほどで洲本市へ到着
P3290022-1.jpg
ここは温泉街
日曜日で宿泊客らしき人も多かった
家族でなら一度は泊まってみたい温泉街です

今回選んだポイントは、以前から気になっていた古茂江埋立地
P3290024-1.jpg

ここは私の好きな秋のタチウオ釣りでも人気スポットです
ポイントは広大で、沖にはテトラが入っていて根魚の期待大
P3290028-1.jpg
テトラもそれほど危険ではありません
足場もそこそこ良い
水深は測ってませんが、テトラの先は砂地らしき感じ
投げ釣りなんかも良いかもしれませんね

まだ夕まずめまでには時間があったのでポイント散策
P3290023-1.jpg
波止の先端から温泉街を眺める
前方右側に見えるのは日本一のフィッシングホテル「淡路島観光ホテル」
ホテル客専用の釣り場があり、1年中いろんな魚種が釣れます。
メバル、アジ、アオリイカ、タチウオ、ガシラ等など
さらに釣った魚は調理して出してくれるらしい、このサービスは嬉しいですね
サンテレビの「四季の釣り」でもよく放映されてます

P3290026-1.jpg
対岸には「ホテルニューアワジ」
ここにも専用釣り場らしきものがあり、何人か釣りしてました
アジやイワシくらいしか釣れそうにはありませんけど

17時半からメバリング開始
長男は初ルアーなんで、まずは指導
ジグヘッドのキャストは慣れが必要なんで、今回はフロートリグで釣らせました

情報でもあまり釣れてないと聞いていたので覚悟の釣り
陽が暮れてもアタリもなし
その時、なんと長男が「父さん、なんか釣れた」
なにっ、まさか初メバリングでいきなりメバルゲットか?
P3290029-1.jpg
15cmの赤メバル
長男よ、さすが我が息子
しかし父親より先に釣るとは、プライドを傷つけられた感じ

その後は予想通りの渋さ
なんとか私もメバルを釣る
P3290030-1.jpg
こちらは16cmの黒メバル
息子よ、赤メバルより黒メバルが旨くて価値があるぞ
なんてことをふと考えた私
釣りする時はみんな純粋な少年なんです

唯一釣れたミニガッシー君
P3290032-1.jpg
これも15cm

今回の釣りデータ
場所・・・古茂江埋立地
潮・・・長潮
天気・・・曇りのち晴れ、ほぼ無風
実釣時間・・・17時半~深夜12時半

釣果
メバル12~16cm・・・6匹
ガシラ15cm・・・1匹

二人でこの釣果だと正直悲しい
しかし初ルアーで長男もメバルが釣れたことは満足でしょう
本格的な春が来て梅雨前まで期待のできるポイントだと思います
簡単に行けるようなポイントではありませんが、また新しいマイポイントが増えたことも嬉しい釣行ではありました
スポンサーサイト
2015.03.25 2015年初釣行
2015年初釣行に行ってきました
なんと3ヶ月ぶり
行ってきたのは3年ぶりとなる神戸の「和田防」
河内渡船にお世話になりました

平日1番便は6時発
乗船場横にタイムズがあるので釣具の運搬も楽チン

目の前にはハーバーランドのモザイクP3250022-1.jpg

右側前方には川崎ドック
P3250023-1.jpg

チヌのノッコミも近いので釣り人も多いだろうと思ってたが、意外と少なかった
6時ジャスト出船
P3250029-1.jpg

ポートタワーや神戸の町並みを眺めながらの船は爽快です
P3250030-1.jpg

10分ほどで和田防に到着です
朝日がきれいでした
P3250034-1.jpg

私は通称「出っ張り」という船着場で降りて、釣り開始
幸先よく1投目で釣れたチビムラソイ
P3250036-1.jpg

しかしこの日はアタリもなかなか無くて
やっと釣れたキープサイズのガシラがこれ
P3250037-1.jpg

久しぶりのガシラはかわいい
にらめっこして遊ぶ
P3250038-1.jpg
ほんと愛嬌のある顔をしてます

強風と通り雨に邪魔されながらの釣りで寒さもあり苦戦しました
結局二桁にも届かない釣果
しかし久しぶりの釣りは楽しかったですし、海も見れたことは癒しになりました

今回の釣りデータ
場所・・・和田防
潮・・・中潮
天気・・・晴れ時々曇り、強風
実釣時間・・・6時~12時半

釣果
ガシラ15~19cm・・・5匹
ムラソイ12~15cm・・・4匹
最近釣りのブログというよりノージャンルのブログになってきたような
釣行日記が書けないので仕方が無い

先日仕入れた魚の料理編

刺身の盛り付けその①DSC00246-1_20150312152439d17.jpg
マイカと甘エビ
この甘エビですが、すごく大きいのがお分かりだと思います
車海老並のボリューム
味噌も濃厚でした

刺身の盛り付けその②
DSC00248-1.jpg
ホタテとサーモン
そして、ここにもマイカ
彩的にプチトマトとパセリをトッピング

刺身の盛り付けその③
DSC00249-1.jpg
なんてことはありません
甘エビが大きくて、別の皿にただ盛っただけ

アナゴの天ぷら
DSC00252-1.jpg
アナゴはそのまま切らずに揚げました
食べごたえは充分
岩塩で食べるとアナゴの甘さが際立ってお勧め

我が家の人気メニュー
貝柱のフライも作ってみました
夕食前の食卓風景
DSC00253-1.jpg
刺身には冷酒が合います
大阪府のお酒「はんなり」を頂きました

もう少し買ってくるべきだったかな
家計番長の制限がかかり、今回は1食で全て完食しました
嫁がいない時に次回は買い付けに行こうかな
釣りに行けなくても、魚は食べたい
雨の中、前から行きたかった市場に買い付けへ

DSC00233-1.jpg
泉佐野青空市場
天気は全く青空ではなく、結構な雨が降ってました
14時からの競り終了後の地魚が目的だったのですが、店員に聞くと今日は10隻程度して漁に出てないとか
しかしせっかく来たので待つことに

着いたのが早かったのもあり、店内はガラガラ
もちろん飲食店も空いてました
昼食は裕太郎寿しへ
DSC00232-1.jpg
市場の中の寿司屋なら、そうハズレも無いはず
食べたのは海鮮丼1500円
DSC00230-1.jpg
値段のわりにはネタが薄いし、鮮度も微妙な感じでした
リピートはたぶんしないでしょう

14時過ぎにやっと競りが開始
DSC00243-1.jpg
仲買人が競り落とすと市場にすぐ運搬
数は少ないですが、地魚や貝が店頭に並ぶ

DSC00244-1.jpg
だんだん賑やかに

DSC00245-1.jpg
眺めているだけでも楽しい
見たことの無い魚もいましたし、スーパーでは考えられない値段にビックリ

買った魚は
サーモン切り身700円
大甘エビ1盛1000円
ホタテの貝柱1パック1100円
マイカの造り用2枚800円
アナゴの天ぷら用開き1盛1100円

セイゴが4匹で600円
小鯛が3~4匹で800円
ピチピチ動いていて買おうか迷いましたが、今回はやめました

料理編は次回紹介します
今日で3月
相変わらず釣りには行けない日常

お酒で癒す毎日
最近はビールを飲む回数が減ってきた
焼酎も以前よりは少なくなってきた

今はすっかりホッピーにハマってます
ホッピーブラックがコクがあって好きなんですが、どうやらそれ以上に旨いホッピーがあるらしい

ついにそれを購入
その名は「55ホッピー」
P3010030-1.jpg
アマゾンで箱買い
P3010031-1.jpg
箱の中にホッピー広告が入ってます
「がんばり過ぎた日はホッピーでゆるんでください」
今の自分にはピッタリの言葉

裏面
P3010033-1.jpg
ホッピーの売り上げの一部は東日本大震災の義援金として被災地に送られます
ということは飲めば飲むほどに、こんな自分でも力になれてるのかも
復興への思いが、ホッピーには詰まっている

文面を紹介しますと、
「津波に襲われた東北の様子に、太平洋戦争で焼け野原となった東京の風景が重なって、私の胸は深く痛みました。
戦後復興の時、日本はがんばりました。私の父もまた、どん底にあった日本を建て直したいと強く思ってました。くたびれ果てた男達を癒したい。ホッピーが生まれた背景には、こんな思いがあったのです。闇市に集まった男達は、より強い酒を必要とし、焼酎をホッピーで割って飲み始めたのが、今のスタイルのはじまりです。深い傷を負った日本が不屈の精神で再び立ち上がれたのは、こうした日本人がいたからです。未曾有の震災に襲われた日本ですが、負けやしません。必ず復興させようじゃありませんか。もう一度、日本が世界のお手本となれるよう、ホッピーにその背中を少しだけ押させてください。」
ホッピービバレッジ株式会社代表取締役会長 石渡光一


ふと考えるとあと10日で、また3月11日ですね
死者、行方不明者18483人
亡くなられたかたの冥福を心よりお祈り申し上げます

しんみりしてしまいましたね
ホッピーを飲むようになってから焼酎の減りも早い
人生初の一升瓶を購入
P3010035-1.jpg
もちろんキンミヤ焼酎です
これでホッピーがたくさん飲めます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。