腰痛もまだまだ有り、以前の腰の状態にはなかなか戻りません。
しばらくかかりそうです。

今日は嫁と私も休み、長男もまだ夏休みなので無理やり釣具屋に釣れて行ってきました。
もちろん新商品をいろいろと見たかったのですが、息子にリールか竿をプレゼントするため

シマノのナスキーにしようかと考えたんですが、安全釣行に必要なものにしました。
買ったのは8月に発売になったばかりのダイワのフィッシングシューズDS-2111
DS-2111.jpg

ブラックにビビットなレッドで普段でも履けそうなくらいにカッコイイデザイン

①大型プロテクトパーツ(赤い樹脂パーツ)搭載していて、衝撃から足首まわりをガード
②36本のスパイクピンを配置し高次元のグリップ力を実現した高いグリップ力と優れた屈曲性
水が入りにくい簡易防水設計なんで、少しくらいの雨なら大丈夫そうですね。

釣りを初めて間のない頃に巨大テトラの上を歩行してて、バランスを崩して転落しそうになった経験があります
もしテトラから落ちていたら間違いなく死亡していたと思います、ライフジャケットも無着用でしたから。
時々テトラの上を普通のスニーカーやサンダル等を履いて釣りをしてるかたを見かけますが、あまりにも無知で危険過ぎます。

波止ならともなく、一文字やテトラ・磯場ではちゃんとした靴とライフジャケットは必需品です。
釣りに行って怪我や死亡してしまうのは、家族の為にも絶対に無いようにしたいものです。

長男には足場の良いテトラとかに釣れて行ってあげようと思ってます。
ちょっと高価でしたが、長男もまさかのプレゼントに喜んでくれました
スポンサーサイト
先日のダイソーで購入した、ところてん突き
P8200001-1.jpg
あれからすぐに釣りアイテムに改造です。
箱から出したケースはこんな形
P8200006-1.jpg
まだ何に使うか分からない?
それともすでに分かったかたもいるかも

ワニグリップミニのホルスターの代用
P8200007-1.jpg
しかし、ほんの数ミリだけ高さが足りないから入りません(わかって購入)

まずワニグリップミニで1cmくらいの丸錘とかを挟んで固定
そして、そのままガスコンロで炙りながら少しずづ挿入すると、あら不思議
ぴったりと入りました。
P8200008-1.jpg
写真では非常に判りにくいですが、ほんの少し盛り上がってます。
挿入する時の硬さは炙って微調整してくださいね。

カラビナで引っ掛けるようにしたいので、今度はホームセンターに買い物へ
そして買ってきたのは
長さ70mmのジョイント金具とアルミナスカン
P8200009-1.jpg

ところてん突きの上部には、もともと穴が1つ空いており
家にあったM4×10mmの小ネジでジョイント金具をところてん突きに固定
もちろんナスカンもセット
P8200011-1.jpg

ワニグリップミニにはフカセ釣り用のコマセ酌に付けていたコイル巻尻手ロープをセット
これでテトラからの落下も防止
P8200012-1.jpg

ちょうど金具に1穴が余ってますから、そこにロープのフックを取付
P8200013-1.jpg

はい、これで完成
P8200015-1.jpg
色も淡いブルーなんで意外と安っぽさはありません
ワニグリップミニの挿入具合もピッタリで、きつ過ぎず緩すぎず
なんかいい感じです
底部にはところてん用の網目があり、水抜けもバッチリ

かかったコストを計算
①ところてん突き 1個108円
②ジョイント金具 1個152円
③アルミナスカン 1個246円
④M4×10mmの小ネジ 1本約10円
⑤コイル巻尻手ロープ 1本500円
 合計1016円

ちなみに正規のホルスターは単体で約2000円ですから半分の費用ですね。
尻手ロープはちょっと長すぎました、ホームセンターで売ってるミニ尻手ロープをお勧めします。
250円くらいで売ってますよ。

正規のホルスターはハンガーでベルトやバックに取付するタイプです。
カラビナがお好きなかたは、この自作ホルスターを
ハンガーがお好きなかたは、正規品がいいかもしれませんね。

不器用で工作が苦手な私でも簡単に出来ました。
30分もあれば作れますし、皆さんどうですか
私事ですが、せっかくの盆休みは腰痛の悪化の為12日~18日にかけてずっと歩くこともままならず寝たきり状態でした
ほぼ2年に一度くらいのペースでこんな事があります。
原因は筋力の低下です。
腰の調子が良くなったら本格的にトレーニングを開始しようと思います。
もう40代ですから老後を元気に過ごすには適度な運動が必要ですね。

やっとなんとか歩けるようになったので、近くのダイソーへプチショピング
本当の目的は後で書くとしまして、購入した商品の紹介を

①ところてん突き
ところてんが食べたいから買ったのではありません
P8200001-1.jpg

②カウンター
釣りに夢中になり、つい魚を何匹釣ったかをいつも忘れてしまう
特にサビキ釣りの時なんかは帰ってクーラー開けてから少し後悔してしまうことってないですか?
こんなに釣っていたのか~全部捌くの大変だなとか
無駄に釣るのは魚にも悪いですからね。
必要な分だけ持って帰りたいもんです。
P8200002-1.jpg

③ケミカルライト
これを見つけたのはラッキーでした。
ずっとダイソーのケミカルライトの事はネット等で評判もよくて気になってたんですが、なかなか置いてなかった。
ほんとは75mmサイズがあると良いのですが、残念ながら50mmまでしか作ってないんです
しかし4本入りで税込108円ですよ
驚きの価格、1本27円
P8200003-1.jpg

④サビキ仕掛け
サビキ釣りをしてると、魚が暴れたりして仕掛けがグチャグチャになることありますよね。
これなら値段も安いので、諦めてすぐ交換できます。
魚の食いつき具合は釣行時に確認してみます。
P8200004-1.jpg

⑤ビニールケース
先日作った自作タチウオ仕掛けを入れたり、携帯用ミニ蚊取り線香を入れちゃいます。
P8200005-1.jpg

ダイソーは工夫次第で釣りに使えたり、何かと工作する時に便利ですね。
ところてん突きの使い道は次回の記事をお楽しみに
まもなく盆休みに入りますね。
帰省に旅行にと予定があるかたも多いでしょうね。
週末に接近する台風が少し心配ですが。

さて釣行時に欲しいなと思っていたアウトドア用品をまとめて購入してしまいました

No1 イワタニカセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3
P8070009-1.jpg
ずっとコンパクトなガスバーナーが欲しくて
とうとう買いました
初秋から木枯らし吹く師走にかけてのタチウオの夜釣りがメインの私
特に風の強い冬の夜は凍えるような寒さ
何度作りたてのラーメンマン 間違った
作りたてのラーメンが食べたい
熱いコーヒーを飲みたいと思ったことか
だったら早く購入しておけば良かったのにと言われそうですが、釣りの時は少しの時間も惜しんで没頭するタイプですから我慢してました。
やっと購入したって感じです。

専用のカセットガスジュニアも1本付いてます
P8070010-1.jpg

P8070011-1.jpg
重量274g
1ℓの水なら約4分で沸騰
たたんだ状態だとスマートフォンよりコンパクトなのには驚きます
P8070020-1.jpg

No2 CAPTAIN STAG ステンレス ラーメンクッカー2L M-5511
P8070014-1.jpg
安心の日本製(燕三条)ステンレス
袋ラーメンが二つ作れるように大きめの2ℓにしました。
フライパンはあまり使用しないとは思いますが、ウィンナーを焼いたりおかずを温めたりと活用できそうですね。

P8070015-1.jpg
17cm鍋、18cmフライパン、鍋ふたの3点セット
海辺で使用するのでステンレスだと錆びにくいので安心です。

袋ラーメンを二つ入れ
P8070017-1.jpg

そのまま収納出来ます
P8070016-1.jpg

No3 CAPTAIN STAG) アルミロールテーブルコンパクト M-3713 P8070012-1.jpg
釣り場は餌が結構落ちてたりゴミが散乱してたりしてますから、直にバーナー等を置いて調理するのは抵抗あります。
そこで簡易テーブルも購入

P8070021-1.jpg
キャリーバック付き

P8070013-1.jpg
幅400mm×奥行290mm×高さ120mm
重量は700g 軽いしほんとコンパクト
安定性に若干難有りですが、価格的にもこんなもんでしょう
耐荷重も30kgあるので、普通に使用するには曲ったりとかもしないはず

No4 ライオンケミカル プチかとり太巻吊り下げ線香皿セット
P8070022-1.jpg
この前の夜釣りで蚊に結構噛まれたので、夏は携帯用蚊取り線香も必要だと再認識

最後にテーブルにガスバーナーとラーメンクッカーをセッティング
P8070018-1.jpg

P8070019-1.jpg

釣れない時間はラーメンを作って楽しもう
待っていろよ~タチウオ
yjimageB7Y6IVF5.jpg
まもなく波止では本格的なタチウオ釣りがシーズンイン
考えるだけでニンマリとしてしまう自分

今年はタチウオのアタリを確実にフッキングして釣りあげたい
ヒット率を倍くらいにしたい
いろいろと試行錯誤していこうと思います。

私がタチウオ釣りにハマっている理由ですが、
①食べて旨い
②なかなか針掛りせず、ゲーム性が高い
③鱗が無く調理が簡単
④夕まずめ・朝まずめ以外でも一晩中ポツポツ釣れる
⑤いろんな釣り方がある(ウキ釣り、引き釣り、ルアー等)


他にも理由はたくさんありますが、自分の中ではこれほど面白い釣りはありません。
9月上旬から12月下旬まではほとんどタチウオ釣りしかやりません。
ここ数年はシンプルな1本針で、使うパーツもほとんど固定でした。
今年は仕掛けを工夫してヒット率アップ出来れば・・・

タチウオは歯が鋭いので、ハリス切れを防ぐため普通はソフトワイヤーを使用します。
しかし私は喰いが落ちるので今はほとんどソフトワイヤーは使いません。
フロロカーボンの5号をハリスに使ってますが、5号でもタチウオの歯に当たれば簡単にスパッと切れてしまいます。
それを防ぐためにチモトに蛍光パイプを数センチ入れます。
ただその蛍光パイプも何匹が釣るとボロボロになり、時々パイプごとライン切れなんてこともあります

そこで、しなやかで強度もあるこんな製品を購入
P7270001-1.jpg
ムラムラパイプという製品
特殊素材を肉厚に加工しているので、チモト補強能力が高く従来のパイプよりも切れにくい。
タチウオの鋭い歯からチモトをガードします。

ちょっと引っ張ってみた
P7270002-1.jpg
無茶苦茶伸びます。硬いだけでは違和感を与えてしまうので、これもなかなか優秀

次は針の紹介
P7270003-1.jpg
左はいつもよく使うささめのカン付チヌの4号
右はオーナーのサーベルフックHGの2号
針全体がホログラムになっていてタチウオの興味を誘い、極細地・超軽量

そしてヒット率を上げる秘密兵器
ささめの太刀魚ダブルフックMP7270004-1.jpg
喰いが渋い時は1本針がいいが、喰いがたっている時はこのダブルフックでジャンジャン掛けたい
実釣で早く検証したいなと

出来上がりはこんな感じ
P7270006-1_20140803111803c3f.jpg
1本針タイプは餌を飲ませて釣るので、ムラムラパイプを使用
ダブルフックは普通の夜光ウキゴムを使用
100均のジップロック式袋に1仕掛けごとに分けて入れてます。

自作仕掛けで早くタチウオを釣りたい