上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年初タチウオ釣行
土日は釣り場も混雑するので、今回は少しでも人が少ない淡路島へ
初ポイントの生穂新島
P7160001-1.jpg

15時前にポイント到着
内向きはすでに入れないくらいの状況
P7160002-1.jpg
この時期はまだタチウオも湾内にはあまり入ってこないはず
今回は外向きがいいと考えポイント探し

P7160003-1.jpg
少し離れたとこに広大なテトラが続いてます
赤灯台でやりたかったがすでにアングラーが数人いたので断念

P7160004-1.jpg


足場もそこそこ良さそうなテトラなんで問題なし
18時半釣り開始
19時~19時半にプチ時合いがあり
バイブレーションで4匹(1匹バラシ)
浮き釣りで1匹
P7160006-1.jpg

赤灯台では深夜までポツポツ釣れてましたね
やっぱり潮がよれる先端付近が時合いも続いて楽しめますね
次回は早めに到着したほうが良さそう

外向きは強風とうねり
アタリも無しの為、深夜1時にストップフィッシング

今回の釣りデータ
場所・・・生穂新島
潮・・・中潮
天気・・・晴れ(強風)
実釣時間・・・18時半~深夜1時

釣果
タチウオ60cm~81cm(指2本~3.5本)・・・4匹

スポンサーサイト
今年も残すところあと半日
12月は忙しくてなかなか釣りにも行けなかったが、先日28日に嫁に何かと言われながらもラスト釣行
この時期にもなるとタチウオの状況もかなり厳しい
なんとか釣果を望めそうなポイントへ
久しぶりの芦屋浜ベランダ
1_20151231100527e59.jpg
年末休みだし家族釣れも多くて、15時到着にもかかわらず既に入れる場所も少ない
両隣りの釣り人に軽く挨拶をすませて釣座を確保

天気もよくて風もほぼ無風
最高のコンディション
2_20151231100530143.jpg

17時前に二つ隣りのルアーマンがいい型のタチウオを釣り上げる
タチウオがいることに安堵感
さっそくルアーの準備
まず使用したのはエコギアの3Dジグヘッド&パワーシャッド
ワインドでないと釣れないことはない、タチウオ用ルアーは多種多彩

17時実釣開始
しかしアタリはなし、やはり数は少ないのだろう
17時半また二つ隣りのルアーマンがいい型のタチウオを釣る
パターンにハマればきっと釣れるはず、そう自分に言い聞かせる

ルアーを定番のワインドに変更
いろいろアクションやスピードを変えながら試行錯誤
やっと釣れた念願のタチウオ
3_20151231100533d61.jpg
指3本の80cmクラス
その後も同じサイズを1匹追加
抜きあげ寸前でラインブレイクが1回、貴重なタチウオをリリースしてしまった
18時過ぎに時合い終了

浮き釣り開始
しかし、全くアタリが無い
4_201512311005363e9.jpg

20時半、一旦休憩しようかと思ったら念願の初アタリ
慎重に喰い込ませてなんとか釣り上げることができた
その後は仮眠と休憩をとりながら朝まで頑張ったが、なんとアタリは1度も無かった
こんな渋い状況のなか釣りを続ける自分は、やっぱり釣りバカだ

朝5時
ラスト釣行だし夜明けまで頑張ることにした
浮き釣りを諦めてルアー専門でキャスト、またキャスト
夕まずめに釣れたのだから、きっと朝まずめも釣れるはず
経験とかじゃなく、ただの思い込みで2015年ラスト釣行を楽しむ
信じる者は救われる
釣り神様、あなたはやはりいた
6時37分、これまでにない重量感
これはもしかしてシーズン後半だしメータークラスか
お気に入りのダイワのバイブレーションで釣れました
5_20151231100539d88.jpg
その後はアタリも無く、完全に夜明け
2015年ラスト釣行は終了

今回の釣りデータ
場所・・・芦屋浜ベランダ
潮・・・中潮
天気・・・晴れ
実釣時間・・・17時~翌朝7時半

釣果
タチウオ75cm~90cm(指3本~4本)・・・4匹

帰宅後に最後に釣ったタチウオを計測&記念撮影
6.jpg

7.jpg

8.jpg

指4本のジャスト90cm
体長はまずまずだし、なんといっても肉厚
塩焼き・刺身・天ぷらにして美味しく頂きました
2015.11.04 撃沈釣行
11月3日(祝)文化の日
釣り文化を教えるため、長男を誘って泉南方面へ出発

今回は以前に偵察していた初ポイントで釣りすることにした
そのポイントとは
泉佐野・前島(旧フェリー乗り場)PB030032-1.jpg
岸壁へ車の横付けも不可で、近くには人気ポイントの泉佐野食品コンビナートがあるからか比較的空いてます
魚があまり釣れてないのも原因かもしれませんけどね

防波堤は広大
キャリーが無いとちょっとしんどいかな
PB030033-1.jpg
外向きも釣り可能だが、柵はあるがスリットの蓋が無いところもあるので注意が必要
足元には大型のチヌがたくさん泳いでるのを確認
チヌの落とし込みをやってるかたが多かったです
チヌ釣り師には魅力的なポイントに間違いないでしょう

泉佐野コンビナート方面
PB030034-1.jpg

着いたのは13時
夕方までは時間あるので、今回はカワハギを狙ってみた
餌は石ゴカイの胴付仕掛け
日中からなのか何故かアタリが少ない
ハオコゼに邪魔されながら、やっとまともな魚が釣れた
PB030035-1.jpg
20cmくらいのキュウセン

その後釣れるのはキュウセンばっかり
カワハギはいないのか
常連さんに聞くと、今年はカワハギはさっぱり釣れないらしい

その後釣れたのは餌取りの王様フグ
PB030036-1.jpg
突っついたりして怒らせて遊ぶ40代親父
こんな些細なことで楽しむのも趣味を楽しむには必要?
フグは嫌いではありません、愛嬌もあって可愛い魚
その後カワハギは1匹も釣れずでした

さて本命のタチウオ釣りですが
16時を過ぎた頃から、急に強風が吹いてきた
まさか今日も強風の中での釣行になるのか?
予想は的中
ますます風はきつくなってきて、とても浮き釣りができるレベルでなくなる
それでも19時前まで頑張ってみたが、集中力も切れて釣りを断念
癒されない釣行となったが、息子と釣りに行けたことは良かったかな
天気も良かったので釣りに行ってきました
今回の場所は1年ぶりとなる西宮ケーソン
よしみずさんの釣果記事を拝見してサヨリが食べたくなったので(*^_^*)
タチウオがどこもいい釣果情報を聞かないのでサヨリでおかず確保の予定

PA200001-1_20151021143145be1.jpg
11時過ぎにポイント到着
平日のこともあって釣り人は数える程度

PA200003-1_2015102114314812a.jpg
皆さんサヨリ狙いでしたが、どうも型が小さいとのことだった
準備をすませて仕掛け投入
すぐにサヨリの群れが寄ってきた
しかしなかなか針掛かりしない
暫くしてやっと釣れたが20cmくらいの型
その後も釣れる型はどれも同じ、30cmクラスのサヨリも確認できたが何故か釣れなかった
20匹程度釣ったところで、おかずもゲット出来たし一旦終了(写真は撮り忘れです)

第2部スタート
PA200004-1_201510211431519f1.jpg
車で休憩中に釣り人も増えてました
やはりタチウオ釣りは人気ありますね~
17時釣り開始
なかなかアタリが無い
17時半いきなり電気ウキが消し込む
釣れた魚に驚いた、なんとグチ(シロモチ)
PA200007-1_20151021143154370.jpg
30cmの良型だが、仕掛けは棚2ヒロでこのポイントは底まで約4ヒロのはず
その後はグチの入れ食い状態で、沖でも手前でもグチの猛攻
お隣さんもグチ、その隣もグチ
20時過ぎにはグチの猛攻も落ち着いたが、結局トータル15匹のグチが釣れた
そもそもグチは砂泥底に生息する魚で、投げ釣りやぶっこみ釣りで狙ってつれるものでタチウオ釣りのような中層仕掛けで釣れたことに驚きです
こんな経験は過去にも無かったですし、まわりの皆さんも同様な意見でした

さてタチウオの釣果ですが、18時~19時にプチ時合いがあったのみでなんとか3匹ゲット
PA200008-1_201510211431588d0.jpg
皆さん1匹~2匹の釣果でしたから、3匹は上出来でしょう

今回の釣行では昨年このポイントでご一緒したHさんが19時半過ぎに来て頂けました
その頃はまだグチの猛攻中で、さっそく釣れたグチを数匹お裾分け
1年ぶリだったので色々な話題や釣りのことで盛り上がりました
熱々の紅茶やお菓子まで頂いて、肌寒い体が暖まりました
釣りって魚を釣るのも当然大事で楽しいですが、釣りしながらお隣さんや知り合いと何気ない会話
をして時間を忘れることもまた楽しみのひとつですね
Hさんどうもご馳走さまでした

その後はタチウオらしきアタリも互いにありましたが、釣ることはできませんでした
風が強くて体が冷えてきて深夜0時にストップフィッシング

今回の釣りデータ
場所・・・西宮ケーソン
潮・・・小潮
天気・・・晴れ
実釣時間・・・11時半~深夜0時

釣果
タチウオ70cm~85cm(指2.5本~3.5本)・・・3匹
サヨリ17cm~22cm・・・20匹
グチ26cm~35cm・・・15匹(全てリリース)
あんなに釣れていたタチウオもここ最近はパタリと釣れなくなった
そんな状況と知りつつもタチウオ釣りへ

最初は日高港で釣行予定だったが、釣り場へ到着すると海は波も高く
しかも強風
これでは浮き釣りは厳しいと判断して、和歌山マリーナシティへUターン
日高港でやりたかったが天候はどうしようもない
それに広大な日高港も先端には入れず立ち入り禁止
釣りが出来る場所がどんどん少なくなっていくのは淋しいものですね

私の好きなポイントの和歌山マリーナシティ
ここは風向き次第で外向き・内向きと対応できるので風が強い時なんか
は安心です
思ったとおり外は荒れていたが内向きは穏やかだった
PA060026.jpg

PA060027.jpg
天気は最高だった
風さえなければ

17時半実釣開始
ここ最近の状況からすると、釣れても2匹ぐらいだろうと予想
やはりアタリはなかなか無い
18時半に待望のアタリ
じっくりとエサを喰い込ませて合わせ一発
PA060034.jpg
指3本、70cmのタチウオ

その後ようやくポツポツとアタリが有り
厳しい状況のなか5匹のタチウオを釣ることができた
22時を過ぎてからは2本の竿でも1時間に1回アタリがあるかないかの渋さ
目標以上の釣果をあげることも出来たので深夜0時納竿

今回の釣りデータ
場所・・・和歌山マリーナシティ
潮・・・小潮
天気・・・晴れ
実釣時間・・・17時半~深夜0時

釣果
タチウオ60cm~80cm(指2.5本~3本)・・・5匹
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。