上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.01.24 荷室棚作製
本日久しぶりに釣行予定だったが大寒波襲来のため断念
無理していっても海は大シケだろう

愛車フォレスターの荷室棚を作製してみた
トノカバー取付箇所を利用
1.jpg

アルミ不等辺角パイプ 1.3x25x30x4000mm アルマイトシルバーを購入
このままだと傷が付きやすいので、保護が必要
2.jpg

カグスベールの長方キャップ25×36
3.jpg

段差があると棚が安定しないので半分にカット
4.jpg

5.jpg

さっそくはめてみる
押し込んでピッタリの寸法
ちなみにアルミ不等辺角パイプ は長さ1210mmで切断
これより短いとグラグラ、長いと入らない
6.jpg

8.jpg

棚を載せて確認
ピッタリ
棚は シナランバー厚さ12mmx巾600mmx長さ1825mmを巾550 mmx長さ1190 mmにカット
9.jpg
木目を好きな人や釣りをしない人はこれでも十分だと思います
しかし、あくまで釣りをメインで使うので汚れや匂いも付きやすくなる
さらに合成革を貼ることにした

荷室の色に合わせて色はブラック
板への固定は椅子のカバー固定用釘を、革を伸ばしながら丁寧にハンマーで固定
10.jpg

出来上がった棚を荷室に固定
11.jpg

ブラックで統一されたほうが、やっぱりカッコイイですね
12.jpg

最後に急ブレーキ時に棚が動かないように、棚の下部にL時金物をサイドに固定して完成
まずまずの出来に納得

今回の使用材料と購入価格
①アルミ不等辺角パイプ 1.3x25x30x4000mm アルマイトシルバー1本  3,187(円)
②アルミ型材 寸法カット 3本(長さ違いで3本、使ったのは1210mm) 165(円)
③シナランバー 厚さ12mmx巾600mmx長さ1825mm 1枚 2554(円)
④合皮 生地 スタンダード 黒色(ブラック) 1mあたり2,280 円 x 2 メートル 4,560 円
⑤カグスベールの長方キャップ25×36 1個  648(円)
⑥椅子用釘 3袋 300(円)
⑦L時金物 2個 276(円)
トータル 11,690(円)


棚などは通販で購入したので別途送料はそれなりにかかってしまった
めんどくさがりの私、実は車改造工場で見積もりしてもらったのですが、材料費約10000円・工賃50000円の総額60000円に驚愕
工賃50000円てふざけんな~と思って、今回作製したのが本当のところ
スポンサーサイト
二ヶ月以上納車待ちだった新型フォレスター
嫁の希望で二人で引き取りに行ってきた♪
DSC00459.jpg

グレードはX-BREAK
色は傷や汚れが目立ちにくいアイスシルバー・メタリック
DSC00462.jpg
水平対向エンジンで独特のサウンド、走破性の高いAWDシステム
撥水ファブリックシート、撥水カーゴフロアボードなんで、濡れを気にせずにレジャー可能
それにスバルといえばアイサイトですね
今回大幅なマイナーチェンジでアイサイトはver.3
安全に運転できて、じゃんじゃん遊べる車を考えていたので自然にこの車になりました

10年以上乗ったオデッセイ・アブソルートと並んで記念写真
家族での思い出や旅行、もちろん釣行での思い出も沢山あったので、家族が離れるような淋しい気持ち
DSC00463.jpg

当然安い買い物ではなかったですが、大事に乗り潰す覚悟ですし、これを機会にこれまで以上に仕事を頑張って遊びを満喫したいなと思ってます

釣り仕様にプチ改造も検討中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。