上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.08.14 タコ料理
先日釣ったタコ料理

タコ料理といえば定番の「タコの唐揚げ」
つけダレ(醤油、みりん、酒、生姜、ニンニク)に30分程漬けておき
片栗粉を軽くまぶして180℃の油でカラッと揚げる
レモンとレタスを盛り付けたら出来上がり
激ウマです、噛めば噛むほどタコの旨みが出る
P8090050.jpg


「タコと長芋のガーリック炒め」
タコも長芋も生で食べられるので軽く炒めればOK
私はわざと長芋に焦げ目を付けてシャキシャキ感を楽しみました
皿に盛ったら最後は乾燥パセリを少々
料理は見た目も大事ですからね
ニンニクを入れれば何でも旨くなります
P8090051.jpg


最後はこれも王道「タコ飯」
具材はあえてタコのみ
余計なものは必要ありません
炊き上がったら、少し蒸らしてネギを散らして完成
なかなかの味でした
P8090052.jpg



食卓風景
P8090053.jpg
冷蔵庫に残っていたサーモンの燻製をカルパッチョ風に調理して食卓へ
釣れたタコも小さめでボリュームにはかけますが、家族4人には十分な量
キンキンに冷やしたグラスでホッピーを作り、美味しく頂きました
スポンサーサイト
最近釣りのブログというよりノージャンルのブログになってきたような
釣行日記が書けないので仕方が無い

先日仕入れた魚の料理編

刺身の盛り付けその①DSC00246-1_20150312152439d17.jpg
マイカと甘エビ
この甘エビですが、すごく大きいのがお分かりだと思います
車海老並のボリューム
味噌も濃厚でした

刺身の盛り付けその②
DSC00248-1.jpg
ホタテとサーモン
そして、ここにもマイカ
彩的にプチトマトとパセリをトッピング

刺身の盛り付けその③
DSC00249-1.jpg
なんてことはありません
甘エビが大きくて、別の皿にただ盛っただけ

アナゴの天ぷら
DSC00252-1.jpg
アナゴはそのまま切らずに揚げました
食べごたえは充分
岩塩で食べるとアナゴの甘さが際立ってお勧め

我が家の人気メニュー
貝柱のフライも作ってみました
夕食前の食卓風景
DSC00253-1.jpg
刺身には冷酒が合います
大阪府のお酒「はんなり」を頂きました

もう少し買ってくるべきだったかな
家計番長の制限がかかり、今回は1食で全て完食しました
嫁がいない時に次回は買い付けに行こうかな
釣りに行けなくても、魚は食べたい
雨の中、前から行きたかった市場に買い付けへ

DSC00233-1.jpg
泉佐野青空市場
天気は全く青空ではなく、結構な雨が降ってました
14時からの競り終了後の地魚が目的だったのですが、店員に聞くと今日は10隻程度して漁に出てないとか
しかしせっかく来たので待つことに

着いたのが早かったのもあり、店内はガラガラ
もちろん飲食店も空いてました
昼食は裕太郎寿しへ
DSC00232-1.jpg
市場の中の寿司屋なら、そうハズレも無いはず
食べたのは海鮮丼1500円
DSC00230-1.jpg
値段のわりにはネタが薄いし、鮮度も微妙な感じでした
リピートはたぶんしないでしょう

14時過ぎにやっと競りが開始
DSC00243-1.jpg
仲買人が競り落とすと市場にすぐ運搬
数は少ないですが、地魚や貝が店頭に並ぶ

DSC00244-1.jpg
だんだん賑やかに

DSC00245-1.jpg
眺めているだけでも楽しい
見たことの無い魚もいましたし、スーパーでは考えられない値段にビックリ

買った魚は
サーモン切り身700円
大甘エビ1盛1000円
ホタテの貝柱1パック1100円
マイカの造り用2枚800円
アナゴの天ぷら用開き1盛1100円

セイゴが4匹で600円
小鯛が3~4匹で800円
ピチピチ動いていて買おうか迷いましたが、今回はやめました

料理編は次回紹介します
2014.11.01 今日の晩御飯
せっかくの3連休ですが雨が降ったり止んだりと不安定な天気
長男とタチウオ釣りを予定してたが延期することに

気まぐれで晩御飯を作ってみた
スーパーでマルアジが安かったので購入
1品目はアジのとろろ昆布和え
PB010055.jpg
いつもは旬のサンマで作るのですが、アジやイワシでも大丈夫
サンマとはまた違った味を楽しむことができます

2品目はマルアジの残りでアジのなめろう
PB010061.jpg
付出し用の器に盛りつけたらこんな感じ
もちろん家族四人分です
息子たちにも人気の1品
将来はきっとお酒が好きになるでしょう、20才になるのが待ち遠しいです

最後は牛すじ肉のどて焼き
PB010002.jpg
この前梅田の居酒屋で食べたどて焼きが旨かったので、初めて作ってみた
実はホルモン系はクセもあるし苦手なんですが、どて焼きは柔らかくて旨いし好きですね
臭みを取るため熱湯鍋で茹でを4回も行い、約2時間弱火でじっくりと煮込む
なかなか満足な出来上がり
次男がむちゃうまいと半分以上も食べてました

これだけではボリュームが少ないので、完全国産化になった王将の餃子を焼いて頂きました
PB010001.jpg
にんにくのニオイを約80%カットしたらしい
確かに以前に比べてにんにく臭さが減ったような気がします
今度は久しぶりに餃子でも作ってみようかな
2014.10.12 キビナゴ料理
いつもタチウオ釣りのエサとしてお世話になっているキビナゴ
この時期スーパーで時々売っている時は必ず購入してます
釣り具屋で売ってるキビナゴとスーパーで買ったキビナゴでは、喰いも値段も全く違う

たまには食べてみようと思って調理してみた
まずはキビナゴの刺身
PA050010-1.jpg
小ぶりだったので捌くのが大変だった
調理方法は
①キビナゴの頭を包丁でおとす
②腹部に少し切込を入れて内蔵を掻き出す
③流水できれいに洗う
④頭側から骨に沿って尻尾の方までスッと動かし半身を開く
⑤放射状に皿に盛り付け
⑥田舎から送って貰ったすだちを添えて完成

次にキビナゴの唐揚げ
PA050012-1.jpg

下処理はほぼ同じ
内蔵もそのままで上げても大丈夫ですが、苦味が無くなるように今回は内蔵も全て処理
キッチンペーパーで水気を取り、ボールに薄口醤油を大さじ1・おろしショウガ3cmを入れて軽く混ぜて10分程度冷蔵庫で寝かす
その後片栗粉を軽くまぶして170℃の油でサッと揚げて完成

ビールの肴に最高のおかずです
刺身も旨かったけど、唐揚げが息子達に大絶賛でした
また気が向いたら作ってみようかな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。