上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕食後に波と風も弱くなる
嫌がる長男を釣れてほんの少しだけメバリングをしました

昼間下見をしていたので、素早く準備してすぐ近くのポイントへ
時間は夜9時過ぎ
しかし先行者がいる
軽く挨拶をして、釣果を見せて頂く
チヌ?ですかと聞いてみる
大きさは40センチを軽く超える魚体
メジナですよの返答に驚愕する私
どこで釣れたのですか?とさらに聞いてみる
目の前のゴロタ場とのこと

グループ3人で東京から月に1度くらいここに釣りに来るらしい
確認できただけでメジナ(グレ)の40センチアップが2匹
30センチクラスが8匹くらい
ガシラの25センチが1匹
メバルの20センチが2匹

そのポイントがここ(写真は昼間撮影)
DSC00292-1.jpg
満潮時の水深でも2mあるかないか
こんな浅いところで釣れることに驚きを隠せない
DSC00293-1.jpg
後で調べてみると、伊豆のゴロタ場では潮と時間さえ良ければ40センチアップも珍しくはないとか
魚影の濃さと伊豆のポテンシャルに驚きます

ちなみにメバリングはノーバイトでした
たった1時間でしたけどね
30センチの尺メバルも釣れるここは釣り師のパラダイス
ここにいつか移住したいと本気で思ってしまいました

帰りは浄蓮の滝を見に行ってきました
DSC00299-1.jpg
荘厳な滝でした
滝壺は15mもあるそう

片道500キロをマイカー運転はかなり疲れました
しかし泊まった旅館の細やかな「おもてなし」に感銘
その1・・・チェックイン後に客室で抹茶のサービス
その2・・・靴下の洗濯(今回は申し込まず)
その3・・・布団を敷く前と片付けた後にコロコロで部屋をさりげなく掃除
これは掃除が行き届いてないからではなく、清潔な部屋でくつろいで頂きたいというおもてなしですね
その4・・・お身送りとお守り
車は玄関前に1台ずつ従業員が運転して移動、そして従業員全員で手を振り車が見えなくなるまでずっとお辞儀
さらに車の助手席にはこんな物まで
DSC00302-1.jpg
「旅はのんびり湯ったりと東も西も銀水荘」と書かれてます

これまでいろんなホテルや旅館に泊まりましたが、これほど感動したおもてなしを受けたことはありません
稲取銀水荘
伊豆への旅行は是非とも利用されることをお勧めします
スポンサーサイト
ゴールデンウィークに家族旅行で伊豆へ
自宅を早朝5時半出発
移動手段はマイカーでした

片道約500キロを休憩を挟みながら8時間で到着
伊豆の稲取に着いたのは午後2時
やはり海が見えるとつい釣り場を散策したくなるのが釣り師たるもの

東伊豆で最大規模の稲取港
その中の新堤
DSC00273-1.jpg
テトラからのフカセやカゴ釣りでグレ、回遊シーズンなら ソーダガツオやイナダも釣れるらしい
足元の水深6m

新堤近くのゴロタ場
DSC00275-1.jpg
この日は波も高かった
深さはそこそこあるので渚釣りが最適

宿泊地の稲取銀水荘
DSC00297-1.jpg

すぐ前には海
DSC00289-1.jpg

徒歩1分で小規模堤防もあり
DSC00276-1.jpg

藤山(とうさん)堤防
静かなゴロタ海岸に延びる超穴場的ポイントで、先端に入れるのは2人が限界でしょう
水深は満潮時で3m程
DSC00290-1.jpg
先端前面から見え隠れする沈み根やストラクチャ―がポイント
釣れる魚はグレやアオリイカ
投げ釣りでイシダイやイシガキダイも釣れるらしい

伊豆のゴロタ場では日中も岩と岩の隙間にワームや餌を落とすと型のいいムラソイが釣れます
以前ザ・フィッシングでこんな簡単にロックフィッシュが釣れるのかとビックリしました
水中映像で見るゴロタ場フィッシングの動画
2014.07.13 和歌山観光
最近ブログ更新がなかなかできておらず、久しぶりの更新です。

昨日天気も良かったので、久しぶりに家族全員で和歌山観光に行ってきました

まずは紀三井寺へ
DSC00200-1.jpg

ここは231段の階段があり、ご覧のようにかなり急な階段で上りは右側通行となってます。
嫁はこの階段を上り下りしただけで軽い筋肉痛になったらしいDSC00202-1.jpg

頂上から和歌山市内を眺めるとこんな感じ
右側遠くには和歌浦が
真ん中付近にある細長い森林が片男波で、ここは夏場は海水浴でかなり賑わうところです。
DSC00205-1.jpg

次は昼食をかねて黒潮市場に移動して、好きな食材を購入してBBQ
 (画像はありません

コーヒーがゆっくり飲みたいということで、和歌山市内をドライブ中に良さそうなカフェを見つけました。
KIMG0079-1.jpg
カフェ・ドルチェ専門店 センプレコンテ パティオ
センプレコンテとはイタリア語で「永遠にともに」という意味だそうです。
最近はスターバックスとかタリーズとかの海外店が多く、しかもこういう車で入れるカフェは少なくなってきました。
店内は落ち着いた雰囲気のおしゃれなカフェでした。

私は定番のアイスコーヒー(税込400円)
KIMG0076-1.jpg

嫁は夏限定ドルチェシェイクのコーヒー
このボリュームで税込400円とはコスパ良くないですか?
KIMG0078-1.jpg
コーヒーゼリーとマカロンがトッピングされており、少し頂きましたが美味しかったですよ。
店の場所は和歌山マリーナシティから阪和自動車道和歌山インター方面走行中の左手にあります。
和歌山市内に遊びに行かれた時は是非とも寄ってみてください。

最後は日帰り温泉に入ってきました。
加太温泉ひいなの湯
露天風呂からの加太の眺めは最高で、温泉は少しヌメっとしていて気持ち良かったです。
風呂上がりに時間もあったので、加太の大波止を散策

大波止中央から赤灯方面DSC00206-1.jpg

同じく入口側方面
DSC00207-1.jpg
釣れていたのは豆アジ・カタクチイワシくらいでした。
この大波止は先端部で真鯛やメジロもあがる関西屈指の波止で、シーズン週末ともなるとかなりの釣り人で賑わいます。
ですから私は基本的にあまり好んで来たことはありません。来るなら平日限定でしょうか。
ファミリーフィッシングには良いかもしれませんね。

家族全員で遊びに行ったのは久しぶりだったこともあり、今回は楽しい日帰り旅行でした
2014.05.07 テルマエ旅行
GWも終わって、今日から仕事のかたも多いでしょうね。

GWの真っ只中に家族揃ってテルマエ旅行に行ってきました。
テルマエ・ロマエIIも結構面白そうですよね

急遽旅行に行くことになったので、どこのホテルも満室状態
それに私のこだわりとして
①露天風呂がある
②海が見える部屋
③夕食が豪華

この三点はクリアするホテルを探すことに
しかしなかなか部屋が空いてない、口コミの夕食の評価は普通だけど、少し妥協して三重に決定

残骸焼の宝来荘
DSC00155.jpg
目の前が英虞湾で、ホテル下は磯場がありますので、磯遊びもできます。
私も息子達とたっぷり磯遊びしてしまいました。

伊勢海老が食べたかったので「春から初夏へ、伊勢海老活造り付きプラン」で予約
DSC00159.jpg
伊勢エビは小ぶりで、夕食は料金のわりには少し不満でした。
いちばん好きな造りも三点盛りの居酒屋レベルでした

翌朝は天気も良かったので、ベランダから撮影
DSC00167.jpg

DSC00166.jpg
景色は最高でした、ほんとはメバリングをする予定でしたが水深が浅く、海藻がかなりあったので釣行は断念しました。
ポイント的にもメバルの個体数は少ないと思います。

2日目は横山展望台へ
DSC00168.jpg
何にもないただの展望台でしたが、このリアス式海岸のパノラマに感動しました

その後初めて伊勢神宮(内宮)に行ってきました。
DSC00173.jpg
GW最終日だったのですごい人出

おかげ横丁
DSC00177.jpg

もちろん「赤福」も購入しましたよ。

息子達と3回も露天風呂に入れたし、嫁も喜んでくれたので良かったです。
やっぱり家族旅行はいいもんですね
ゴールデンウィークで最大11連休って人もいるかもしれませんね。

そんな私も30日は勤務ですが、あとは年休消化のため入社以来の連休モード

昨日は久しぶりに嫁と和歌山マリーナシティまで行ってきました。
目的は海が見たかったから、それだけ

DSC00141-1.jpg
やはりGWで日曜日、ポカポカ天気だったので駐車場も混んでました。

出発が遅かったので、現地到着11時
さっそく黒潮市場に食材を購入へ

DSC00137-1.jpg

DSC00138-1.jpg

こういう場所は大好きなんですよね~
普段間近で見れない新鮮な魚を売ってますから。値段も鮮度もスーパーとは比較にならないほど魅力的です。
嫁と二人で店内を散策して、食材を購入してBBQコーナーへ
DSC00139-1.jpg
この牡蠣大きいでしょ?
レモンを垂らして食べましたが旨かった

DSC00140-1.jpg
開きサバの一夜干し
半額だったのでこれで200円
驚きの価格とボリューム

その後目的であったマリーナシティ大波止へ散歩
DSC00142-1.jpg

風も強くて外向きは荒れてました。投げサビキをやってるのを見てましたが、ほとんど釣れてなかったですね。
まだ本格的な釣りシーズンは少し早いのか?

しかし海はやっぱり良いですね。
近くにリゾートマンションが建ってるんですが、いつかこんなところに住みたいなと思った1日でした
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。