二日目の続きです。

娯茶平は、昭和21年(1946)創立、徳島県阿波踊り協会所属
連名の由来・・・阿波弁で「でたらめな人」という意味を「ゴジャ」「ゴジャブロゥ」と呼びます。戦禍の跡が残る昭和20年代、ひとときでも憂さを忘れて踊りたい─。そんな阿波踊り好きが集まり結成されたことから、娯茶平と命名したそうです。
男踊り・・・地をはうように腰を低く落とし、巧みに団扇を操る。
女踊り・・・整然と隊列を組み、艶やかに踊る。スローテンポのリズムに合わせて、腰をゆらめかせる姿は、息をのむほど美しい。



いよいよ娯茶平の踊りが始まりました。
先頭で踊るのは岡連長P8130036.jpg

「よしこの」三味線奏者 安藤正会さん
娯茶平はこの安藤正会さんの歌にもたいへん価値があります。
とても美しく気品のある女性です。
P8130037.jpg



女はっぴ踊り
P8130051.jpg

P8130052.jpg

女踊り
P8130045.jpg

P8130054.jpg

女踊りと男踊り
P8130056.jpg

P8130057.jpg
実に見事な演舞でした。
娯茶平は連で最大の人数がいて、それだけ人数がいても乱れず息のあった踊りと迫力の演奏には驚きます。

遅めの昼食をとって、それから阿波おどり会館へ
2階に有名連の弓張り提灯を展示していて、記念に撮影
P8130064.jpg

夕方まで時間もあったので阿波おどりミュージアムにも入館
P8130067.jpg

2日目は南内町演舞場の2部のチケットを確保してました。
20時までまだまだ時間もあったので、無料の新町橋演舞場に行ってみました。
さすがに席は全く空いてなかったが、後方からなんとか観る事ができました。
無料演舞場は、有料演舞場よりも企業連や学生連が多く踊るような気がしました。
幸運にも「新ばし連」を観ることができました。
P8130073_20170824200637bcd.jpg
新ばし連は、昭和25年(1950)創立、阿波おどり振興協会所属
男踊り・・・腰を十分に落として、手を肩幅よりも広げて上げる。団扇はスナップを利かせて素早く切り返す。
女踊り・・・名物の「竹踊り」は上下運動のリズム感が大切。


南内町演舞場の写真
P8130076.jpg

阿波扇連の「ちびっこ扇」
P8130077.jpg


阿波扇連の「女ハッピ踊り」
P8130078.jpg

阿波扇連の「男踊り」
P8130079.jpg

阿波扇連は、平成2年(1990)創立、徳島県阿波踊り協会所属
男踊り・・・蝶が舞うように、扇をひらひらと華麗に動かせる。
女踊り・・・扇は頭上で優雅に回転させる。腕は肩より下げない。扇の華麗さが引き立つ。


そして、今回必ず観たかった阿波おどり振興協会の合同フィナーレが20時25分スタート
まずは鳴り物から
P8130080.jpg

P8130082.jpg

女踊り
一同に踊る女踊りに見とれてしまった
美しい~
P8130085.jpg

P8130090.jpg
総勢約1700名によるフィナーレ
その迫力と壮大さに大興奮しました。

三日目のことはまた後日に書きます


スポンサーサイト
二日目は「熱演!真昼の阿波おどり」をNHK徳島放送局で観覧
P8130019.jpg

阿波おどりは昼間も市内のあちこちでイベントを開催しています。
ここは知ってる人は毎回来てるみたいで、日差しや雨を気にせずに観覧できるんです。
10時半から優先入場券を配布してもらえるんですが、皆さん早くから並んでました。
1部と2部に分かれていて、完全入替制になります。

初日の1部を観覧したので、開会式もやってました。
P8130022.jpg
最右手は娯茶平の岡秀昭連長
その左は天水連の山田実連長
なんとも豪華な布陣です、阿波おどりの大御所のお二人の講話を聞けて良かった。

では写真をアップしながら当日の模様を紹介させて頂きますね。
まずは吉野川市鴨島町の「きらく連」
鮮やかな衣装です。
P8130025.jpg

四国大学連
学生とは思えないくらい上手な舞でした。学業の合間に相当練習をしてるのでしょうね。
女踊りの浴衣が桜の花びらを施したピンク色で可愛らしいですね。
P8130027.jpg

広島県世羅町の「廣島紅葉連」
2000年創立
女踊りと男踊りの浴衣は、大胆に紅葉を散りばめてます。
P8130028.jpg

P8130030.jpg

P8130031.jpg

娯茶平の阿波おどりの前に、2017年阿波おどりポスターモデルの藤原奈緒さん(娯茶平所属)のインタビューがありました。
P8130034.jpg
とても可愛らしい女性です。
男踊りをされていて、腕前はかなり高いです。
調べてみると躍り歴がなんと25年だそうです

下がポスターです。普段と変わって凛々しい感じ。
BPG2ofCX.jpg

長くなりそうなんで、続きは次回の記事で書きます
実は私は徳島の出身なんです
阿波おどりを観たことがなかったのですが、動画を見てから急に観たくなってしまって。。
家族の理解のもと、たったひとりで観覧に行くことを決心して8月12日~14日まで楽しんできました。

事前にプランは考えてましたが、まずは夕方まで雰囲気を味わいました。
駐車場は非常に込むので、少し離れた臨時駐車場に車を駐車
夕方から始まる阿波おどりで、街はとても活気がありました。
いつもはのんびりとした町なんですけどね。
P8120006.jpg

着いたのは14時前
アミコビルで「アミコデッキ阿波おどりフェスタ」が14時からちょうどスタートしたところで、さっそく阿波おどりを観ることができました。遠方からのゲストの仙台すずめ踊りは華やかで元気な踊りでなかなか良かった。

16時をまわると、どんどん人が多くなってきて賑やかになってきました。
P8120009.jpg

12日は有料桟敷の南内町演舞場1部(18時開始)のチケットを購入してたんで、少し早めに向かいました。
凄い人でなかなか歩けない、50分前に着いたら入場は20分前からしか入れないと。
あとで知ったのですが、この南内町演舞場は映画「眉山」のロケが行われたところみたいです。
出口に向かって緩やかなカーブになっていて、座席によっては見えにくい演舞場ですが人気なのは納得です。

初日ということもあり、興奮気味で写真をほとんど撮らずに観覧しました。
藝茶楽(げじゃらく)の連から開演
P8120015.jpg

藝茶楽は、昭和50年(1975)創立、徳島県阿波踊り協会所属
連名の由来・・・徳島の方言に「ゲジャラク」という言葉があります。お調子者、お気楽者という意味です。
男踊り・・・個人個人の体形や踊りに対する考え方はそれぞれ違い、一人ひとり踊り方は違う。
女踊り・・・基本に忠実に、足並みをそろえた踊りを心がけている。
夕食後に波と風も弱くなる
嫌がる長男を釣れてほんの少しだけメバリングをしました

昼間下見をしていたので、素早く準備してすぐ近くのポイントへ
時間は夜9時過ぎ
しかし先行者がいる
軽く挨拶をして、釣果を見せて頂く
チヌ?ですかと聞いてみる
大きさは40センチを軽く超える魚体
メジナですよの返答に驚愕する私
どこで釣れたのですか?とさらに聞いてみる
目の前のゴロタ場とのこと

グループ3人で東京から月に1度くらいここに釣りに来るらしい
確認できただけでメジナ(グレ)の40センチアップが2匹
30センチクラスが8匹くらい
ガシラの25センチが1匹
メバルの20センチが2匹

そのポイントがここ(写真は昼間撮影)
DSC00292-1.jpg
満潮時の水深でも2mあるかないか
こんな浅いところで釣れることに驚きを隠せない
DSC00293-1.jpg
後で調べてみると、伊豆のゴロタ場では潮と時間さえ良ければ40センチアップも珍しくはないとか
魚影の濃さと伊豆のポテンシャルに驚きます

ちなみにメバリングはノーバイトでした
たった1時間でしたけどね
30センチの尺メバルも釣れるここは釣り師のパラダイス
ここにいつか移住したいと本気で思ってしまいました

帰りは浄蓮の滝を見に行ってきました
DSC00299-1.jpg
荘厳な滝でした
滝壺は15mもあるそう

片道500キロをマイカー運転はかなり疲れました
しかし泊まった旅館の細やかな「おもてなし」に感銘
その1・・・チェックイン後に客室で抹茶のサービス
その2・・・靴下の洗濯(今回は申し込まず)
その3・・・布団を敷く前と片付けた後にコロコロで部屋をさりげなく掃除
これは掃除が行き届いてないからではなく、清潔な部屋でくつろいで頂きたいというおもてなしですね
その4・・・お身送りとお守り
車は玄関前に1台ずつ従業員が運転して移動、そして従業員全員で手を振り車が見えなくなるまでずっとお辞儀
さらに車の助手席にはこんな物まで
DSC00302-1.jpg
「旅はのんびり湯ったりと東も西も銀水荘」と書かれてます

これまでいろんなホテルや旅館に泊まりましたが、これほど感動したおもてなしを受けたことはありません
稲取銀水荘
伊豆への旅行は是非とも利用されることをお勧めします
ゴールデンウィークに家族旅行で伊豆へ
自宅を早朝5時半出発
移動手段はマイカーでした

片道約500キロを休憩を挟みながら8時間で到着
伊豆の稲取に着いたのは午後2時
やはり海が見えるとつい釣り場を散策したくなるのが釣り師たるもの

東伊豆で最大規模の稲取港
その中の新堤
DSC00273-1.jpg
テトラからのフカセやカゴ釣りでグレ、回遊シーズンなら ソーダガツオやイナダも釣れるらしい
足元の水深6m

新堤近くのゴロタ場
DSC00275-1.jpg
この日は波も高かった
深さはそこそこあるので渚釣りが最適

宿泊地の稲取銀水荘
DSC00297-1.jpg

すぐ前には海
DSC00289-1.jpg

徒歩1分で小規模堤防もあり
DSC00276-1.jpg

藤山(とうさん)堤防
静かなゴロタ海岸に延びる超穴場的ポイントで、先端に入れるのは2人が限界でしょう
水深は満潮時で3m程
DSC00290-1.jpg
先端前面から見え隠れする沈み根やストラクチャ―がポイント
釣れる魚はグレやアオリイカ
投げ釣りでイシダイやイシガキダイも釣れるらしい

伊豆のゴロタ場では日中も岩と岩の隙間にワームや餌を落とすと型のいいムラソイが釣れます
以前ザ・フィッシングでこんな簡単にロックフィッシュが釣れるのかとビックリしました
水中映像で見るゴロタ場フィッシングの動画