今年はほんとにタチウオが好調ですね
今回はこの時期恒例の西宮ケーソンへタチウオ調査に行ってきました。

例年なら9月上旬から釣れ始めるポイントですが、今年は何故か遅れていた模様
三連休の最終日ということもあり、昼間は家族連れが多かったです。
PA090215.jpg
早めに現地到着、サヨリはまだ鉛筆サイズのようでサヨリ釣りはせず、のんびり海を眺めて時を待つ

PA090217.jpg

17時釣り開始
まずはタチウオゲッターの4号をキャストし、沖の深場から探ります。
そして徐々にレンジを上げていきます。
18時前に足元でタチウオがバイトしてなんとかゲット
周りではウキ釣りでタチウオが釣れはじめたが、そこを堪えてテンヤ釣りを続ける
しかしそれ以降はバイトは1回のみ
見切りをつけて18時半からウキ釣り開始

いきなりウキが沈み、それからプチ時合いに突入
なんとか4匹釣れました。
時合いは1時間くらいでした。
その後2匹追加

向かい風で風も強く釣りにくい状況
この西宮ケーソンはいつもこんな感じだ
深夜を過ぎる頃になってようやく風もおさまってきたが、タチウオのアタリも全く無くなった。
仮眠を少しとって朝の4時まで頑張ったが、結局アタリもなく撤収

PA090219.jpg

今回の釣りデータ
場所・・・西宮ケーソン
潮・・中潮
天気・・・晴れ
実釣時間・・・17時~4時

釣果
タチウオ65cm~80cm(指2.5~3本)・・・6匹

釣果は満足とはいかなかったが、釣り場でHさんと久しぶりに会うことができた。
混んでいたので隣同士で釣りはできなかったが、合間に会話を交わしながらの楽しい釣行でした。
Hさん、飲み物とお菓子ご馳走さまでした。

また行く時に連絡しますね



スポンサーサイト
最近近畿圏ではどこもタチウオフィーバー
どこに行っても人が多いですね。

今回は息子達と三人で半夜釣りに行ってきました。
初のポイントの某沖堤防へ
どの場所に渡して貰おうかと悩んだのですが、実績のあるポイントへ渡して貰うことにした。

P9230198.jpg

曇り空だったので、早くから釣れるだろうと思い、準備を済ませてまずはルアーからスタート
途中びっくりしたのは、目の前であきらかに大物のボイルを何度も確認
メータークラスはあったと思う

風が向かい風でキャストもしにくかった
どうやらチラホラとタチウオも釣れてるみたいだ
まだ15時過ぎだというのに、やはり曇り空の影響もあったのかもしれない。

16時半
今回も長男にタチウオゲッターで先に釣られてしまった
P9230200.jpg
指3本でサイズは75cm、悪くはないサイズだ
18時から時合いに突入
テンヤにもアタリは頻繁にあるが、なかなか針掛りがしない

今度は次男がウキ釣りでタチウオを釣り上げた
P9230204.jpg
指3本のサイズは80cm

その後も面白いようにタチウオのアタリがある
次男はコツを掴んだのか次々と釣り上げる
時合いが終わっても、退屈しないくらいに電気ウキが沈む
めちゃくちゃ楽しい
こんな釣りは久しぶりかもしれない
持ってきたエサもほとんど使ってしまった。

今回は息子達に釣りを楽しんで貰いたかったので、私は助手みたいな感じだった
最終的にいちばん釣ったのが次男、その次に長男
私は釣果的には最下位だった

P9230207_20170924162416de1.jpg

P9230213.jpg


今回の釣りデータ
場所・・・大阪某沖堤防
潮・・中潮
天気・・・曇
実釣時間・・・15時~21時半

釣果
タチウオ67cm~80cm(指3本)・・・16匹(平均75cm)
リリース3匹

ここのところ和歌山北部ではタチウオが釣れに釣れているとの情報
仕事後に急いで夕食を済ませて、長男と和歌山マリーナシティ大波止へ

着いたのは21時
やはり釣れているのか人が多かった

外向きは入れそうなスペースがなかったので、仕方なく内向きで釣ることにした
P9140191-1_2017091414313772f.jpg

向かい風で非常に釣りにくい
アタリすらない
23時過ぎになんとか外向きで釣り場を確保
どうやら外向きはポツポツと釣れてる感じだ

開始早々にウキがモヤモヤと入ったり出たり
どうやら小型のタチウオの群れがいる感じだ
最初に長男に釣られてしまった
P9130186-1_20170914143136273.jpg

やはり小さい
指2.5本くらい

その後も頻繁にアタリはある
真夜中だというのに1投1回くらいにウキに変化がある
それから時合いに突入
P9140190-1_2017091414313599b.jpg

釣れるのは全て小型だが、これだけアタリがあるのは珍しい
予定では朝7時までするつもりだったが、型はともかく満足したので3時半ストップ
まだまだ釣れる感じだったが、疲れもあり帰宅することにした
長男も久しぶりの釣り&釣果に満足の釣行だった

帰宅後、捌く前のタチウオ
P9140194-1.jpg

今回の釣りデータ
場所・・・和歌山マリーナシティ
潮・・小潮
天気・・・晴れ
実釣時間・・・21時半~3時半

釣果
タチウオ60cm~70cm(指2~2.5本)・・・8匹
リリース6匹くらい

二日目の続きです。

娯茶平は、昭和21年(1946)創立、徳島県阿波踊り協会所属
連名の由来・・・阿波弁で「でたらめな人」という意味を「ゴジャ」「ゴジャブロゥ」と呼びます。戦禍の跡が残る昭和20年代、ひとときでも憂さを忘れて踊りたい─。そんな阿波踊り好きが集まり結成されたことから、娯茶平と命名したそうです。
男踊り・・・地をはうように腰を低く落とし、巧みに団扇を操る。
女踊り・・・整然と隊列を組み、艶やかに踊る。スローテンポのリズムに合わせて、腰をゆらめかせる姿は、息をのむほど美しい。



いよいよ娯茶平の踊りが始まりました。
先頭で踊るのは岡連長P8130036.jpg

「よしこの」三味線奏者 安藤正会さん
娯茶平はこの安藤正会さんの歌にもたいへん価値があります。
とても美しく気品のある女性です。
P8130037.jpg



女はっぴ踊り
P8130051.jpg

P8130052.jpg

女踊り
P8130045.jpg

P8130054.jpg

女踊りと男踊り
P8130056.jpg

P8130057.jpg
実に見事な演舞でした。
娯茶平は連で最大の人数がいて、それだけ人数がいても乱れず息のあった踊りと迫力の演奏には驚きます。

遅めの昼食をとって、それから阿波おどり会館へ
2階に有名連の弓張り提灯を展示していて、記念に撮影
P8130064.jpg

夕方まで時間もあったので阿波おどりミュージアムにも入館
P8130067.jpg

2日目は南内町演舞場の2部のチケットを確保してました。
20時までまだまだ時間もあったので、無料の新町橋演舞場に行ってみました。
さすがに席は全く空いてなかったが、後方からなんとか観る事ができました。
無料演舞場は、有料演舞場よりも企業連や学生連が多く踊るような気がしました。
幸運にも「新ばし連」を観ることができました。
P8130073_20170824200637bcd.jpg
新ばし連は、昭和25年(1950)創立、阿波おどり振興協会所属
男踊り・・・腰を十分に落として、手を肩幅よりも広げて上げる。団扇はスナップを利かせて素早く切り返す。
女踊り・・・名物の「竹踊り」は上下運動のリズム感が大切。


南内町演舞場の写真
P8130076.jpg

阿波扇連の「ちびっこ扇」
P8130077.jpg


阿波扇連の「女ハッピ踊り」
P8130078.jpg

阿波扇連の「男踊り」
P8130079.jpg

阿波扇連は、平成2年(1990)創立、徳島県阿波踊り協会所属
男踊り・・・蝶が舞うように、扇をひらひらと華麗に動かせる。
女踊り・・・扇は頭上で優雅に回転させる。腕は肩より下げない。扇の華麗さが引き立つ。


そして、今回必ず観たかった阿波おどり振興協会の合同フィナーレが20時25分スタート
まずは鳴り物から
P8130080.jpg

P8130082.jpg

女踊り
一同に踊る女踊りに見とれてしまった
美しい~
P8130085.jpg

P8130090.jpg
総勢約1700名によるフィナーレ
その迫力と壮大さに大興奮しました。

三日目のことはまた後日に書きます


日曜日に淡路島へ夏タチウオ釣りに行ってきた。

P7160002-1_2017082219380675c.jpg

生穂新島の車横付けポイントへ
サビキ釣りの家族連れなどで多かったが、なんとか入らせて頂いた。

夕方になると皆さん次々と帰宅する有様
どうやらタチウオの状況は厳しいらしい

18時半釣行開始
アタリが全くない
20時過ぎにお隣のテンヤ釣りのかたがやっと釣り上げた。
聞くとキビナゴを餌にテンヤ釣りとのこと
そこでさっそくテンヤ釣りに変更して、一投目
なんといきなり釣れてしまった。
P8200171.jpg

しかし時合いも20分もしないうちに終了
その後は沈黙状態

夜の23時過ぎに潮が動きだすと、やっとアタリが出だした。
P8200178.jpg
指3本サイズだったが嬉しい1匹

夜明けまで頑張ったが、期待した朝まずめは全然だった。

しかしカマスの回遊があり、いいサイズを5匹ゲット
P8210180.jpg


今回の釣りデータ
場所・・・生穂新島
潮・・大潮
天気・・・晴れ
実釣時間・・・18時半~5時半

釣果
タチウオ65cm~75cm(指2.5本~3本)・・・7匹
カマス25cm・・・5匹